アダルトチャット大手のCamSodaは8月から、女性モデルと顧客が肉体的な“交流”を可能にするVR(仮想現実)プラットフォームの運用を開始する。同社はテレディルドニクス(teledildonics)と呼ばれる技術を開発し、離れた場所に居る人同士が成人向けガジェトを用い、性行為を楽しむことを可能にした。


CamSodaは既にVR機器をフル装備したモデルたちの待機所を用意し、入念な準備を進めている模様だ。「いつでもユーザーを楽しませることができるよう、バラエティ豊かな女性モデルたちを揃えています」と宣言している。

Forbes Jpana より引用

ネットサーフィンをしていて見つけたこんなトンデモニュース!

そもそもVRとは…?

ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムです。
VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現。

うーん…

つまりはこういうことみたいです!

099b48c8

まさに近未来!(笑)
目を覆うようにガジェットを装備することで360度の視界に
バーチャルな世界が広がるというもの。

今回のニュースではこのVRを利用して遠く離れた人同士で
オモチャを使ってプレイに興じることができるそうです。

ここまで読んで自分的に理解するところの・・・

これってライブチャットだよね????(爆)

ライブチャットは風俗ビギナーな皆さんにもおすすめなライトなお仕事。
特に出勤の義務もなく在宅でできるお仕事なので既に実践されている方も多いのでは!?

今後こういったVR市場が加速して性産業も多種多様になっていくかもしれませんね・・・

 

でも、正直・・・

 

これはどうかと思う(笑)

15b5ee68e024c911d1f6bbd4a2398807-728x484

国内でもVR映像とシンクロして振動する電動オナホールや、
乳首刺激用のマッサージャーなどの開発も進んで
コンテンツの充実も進んでいるようですが、
結局は女子ありきの産業であることは間違いないと思います。

形は変われども、こうした新コンテンツの充実で
女の子の稼ぐ選択しが増えるのはいいことかもしれませんね!

 

↓VRを経験したおばあちゃん(笑)