恋に遊びに何かと楽しみの多い夏がやってきました♪

夏ってだけでなんだかワクワクしちゃいますよね(≧▽≦)

ただ、その一方で夏は女性ならではのある悩みが…

それはデリケートゾーンのトラブルです!

ムレてアソコがちょっと臭うかも…

かゆい、むずむずする…

おりものが…

そんなトラブルに悩まされる季節でもありますね。

特にニオイを気にしている女性が多いです。

彼氏と愛し合ってる最中に、「なんか臭い…」なんて言われたくないですもんね(>_<)

そして風俗のお仕事をする上でもとてもマイナスになってしまいます。

今は良いも悪いも何でも掲示板などで評価されてしまう時代です。

「サービスが良かった」

「写真より可愛かった」

なんて書かれればいいですが

「アソコが臭かった」

なんて書かれたら…

おふっ(;一_一)

お金を稼ぐ上で致命的になりかねません。

そうならない為にも日頃からデリケートゾーンのケアをしっかりと行うことが大切です。

今回は恥ずかしくて誰にも言えないデリケートゾーンのトラブルをこっそり解消してくれるジャムウ石鹸についてご紹介したいと思います。

 

ジャムウって何?

ジャムウというのは、インドネシア語で薬草成分というような意味になります。インドネシアでは古くからハーブや植物の実や根などの天然の素材を調合し、各家庭で美容やケアに役立ててきました。

成分はお肌に潤いをあたえてくれるヤシ油やカミツレ油、さらにアロエやリコリス、多種多様のハーブ成分が主体となっているので、お肌が弱い人でも安心して全身に使用することができます。

ジャムウ石鹸のメリットって?

雑菌の繁殖を抑制したり、汗やニオイを抑えたり、色素沈着を防いだりするほか、肌荒れや 乾燥にも効果があり、石鹸としてパーフェクトな働きをしてくれる優れものなのです。

このようなメリットから、女性のデリケートゾーンの気になるニオイやかゆみ、そして黒ずみなどのトラブルを解消してくれる効果があると知られ、女性器専用の石鹸として注目されるようになりました。

デリケートゾーンの正しい洗い方

男性と違って女性器は奥に入り込んでいるため、汚れ(尿、おりもの、皮脂、汗、たんぱく質)が溜まりやすく、しっかりとケアしなければ、ニオイやかゆみの原因になってしまいます。

だからといってやみくもにゴシゴシ洗えばいいというものでもありません。

女性器は身体の他の部位と比べると、皮膚が薄くとても敏感なうえ、粘膜部分も多いので洗い方や使用する石鹸には注意が必要です。

【洗い方】
まず洗うときは必ず泡立てネットを使い、しっかりと泡立てた泡で優しく洗う用にしてください。
※身体を洗う用のスポンジなどでゴシゴシ泡うのは避けてください。また泡立てずに手で直接ゴシゴシ洗うのもよくありません。

使用する石鹸は、先述でご紹介したジャムウ石鹸を使用してください。
※一般の石鹸やボディソープだと洗浄力が強すぎ肌を傷つけてしまう恐れがあり、かえってニオイの原因になってしまったりします。

ここで注意してもらいたいのが…

ジャムウ石鹸を使って洗うのは膣の表面までです!!

デリケートゾーン専用の石鹸と言ってもあくまでも膣の表面までで、膣内部は洗ってはいけません。

膣内部まで洗ってしまうと自浄作用が低下してしまい、膣炎を起こしやすくなったりカンジダを発症しやすくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

膣内部が気になるという方には、さらに専用のジェルなどがありますので、そちらを使用してください。

まとめ

以上が女性のデリケートゾーンのニオイやトラブルを解消してくれるジャムウ石鹸でのケアの方法でした。

デリケートゾーンのニオイは、継続的して正しくケアしていけばちゃんと解決する問題です。

ただ、何かしらの性病から発生している場合もあるので、もし女性器に違和感がある場合は一度病院に行くことをおススメします。

風俗のお仕事をしている場合は、稼ぎに直結してくる部分でもありますのでしっかりとケアしていきましょう!