~ホストクラブ誕生~

東京にホストクラブが誕生したのは1965年に東京駅八重洲口前でオープンしたナイト東京である。
前身は「京の花」というグランドキャバレーであったが経営に行き詰まり、大量のダンス講師を雇いその広大なフロアをいかした女性のためのダンスホールとして生まれ変わる。
ダンスホールには休憩のためにソファーが置かれたサロンスペースがあり、講師にチップを払うことで一緒に酒を飲むことができた。
1964年東京オリンピック後の不景気ではあったものの時は高度経済成長の真っ只中、経済的にゆとりのある主婦は暇と金を持て余していた。『流行のダンスを踊りたいけれど、主人は仕事で忙しく無理だし、一緒に踊ってくれる相手が欲しいわ』このような主婦のニーズが見事にマッチしたことや、東京駅前という場所柄もあり、財界人の妻、旅館の女将といった地方客から際立って高い需要を得る。

(´・ω・`)なるほど

風俗業界で働く女性のきっかけや、悩みで一番多いのは『彼氏がホスト』であるような気がします。

彼氏がホストでのメリットやデメリットをまとめてみると・・・


≪メリット≫

①仕事柄、女性と接する機会が多くなるので経験豊富で女心を分かってくれる。

②売れているホストにもなれば月収も驚く程の金額を貰っている方も多くいます。

③稼いだお金や人脈を利用して、ホストを辞めた後に企業している人も多くいます。

≪デメリット≫

①お酒を飲む量も増え、肉体的にも精神的にも過酷な仕事の為に長期間勤めれば体を壊す人が多くいます。

②金銭絡みや女絡みの揉め事がとにかく多いです。

③何よりも男女間での心配事が多くなります。


枕営業や色恋営業など、好きだ嫌いだのトラブルも多くデメリットが多い気がしてなりませんが、風俗という仕事を理解して癒しを与えてくれるのも否定できない所です。

相談やアドバイスをしている中で、多額の売り掛けや高価なブランド品の購入を催促されたりしているのには流石によく考えてと言ってしまうこともあります。

お金を稼げるようにアドバイスしてる我々としては、その使い道も気にならずにはいられません。

使い方はもちろん自由ですし、口うるさく言うこともありません。相談をしてくれる方は悩んでいる方だと思いますし、不安を感じている方だと思います。

賢く稼いで、自分にとって意味のある事に使って欲しいと願います。

それが楽しくストレス発散なら何も言いませんし、むしろ応援さえします。

後で気づいて、騙されたと泣いて相談する事がない程度に楽しんでいただけたらと思います・・