世の中には様々な特殊な世界がありますよね。

風俗業界の中にも特殊な業種がいくつかあり、その中の一つとして”SMクラブ”というものがあげられます。

 

SMプレイ自体がまだまだネガティブなイメージが強く、一部のマニアだけが行うものと思う人が多いかもしれません。

しかし、SMプレイとは単なる変態趣味ではなくもっと奥深いもの・・・。

お互いに相手のことをよく知り、深い信頼関係の上ではじめて成立するものです。

それがゆえに、最近では付き合って長いカップルがマンネリを防ぐため、あるいは関係性を深めるための手段として、ソフトSMを楽しむ人達が増えてきています。

さらには女性ファンが私生活で楽しむ趣味の中だけでは飽き足りず、SMクラブで働き出すという女性も増えてきているようです。

 

今回はそんなSMプレイをサービスにした”SMクラブ”とうい風俗店について書いていきたいと思います。

 

SMクラブの特徴や稼ぎ

SMクラブとは女王様と呼ばれるS嬢役のキャストがお客さんを性的調教をしたり、M嬢役のキャストをお客さんが調教できる風俗(ヘルス)店です。

一般的なヘルス店と比べ客単価が高く、オプションを重ねることによって驚くほど稼げる業種になります。

SMクラブに通う男性には熱狂的なコアなファンが多く一度相性の良い相手を見つけると長く通い続ける傾向があるので、指名をとれれば客離れが少ないのも利点です。

また客層は医者や社長などといった社会的地位が高い人が多いのも特徴の一つで、客単価が高い要因とも言えます。

働く側にとっては高収入を得ることができうえ、女王様役であればお客さんを縛り言葉攻めだけで終わる場合などもあるので身体の負担も少ないです。

その分SMクラブで働く為に要求されるスキルは他の風俗店と比べると高いです。
特に女王様役となると、一般的なヘルスの技術は勿論、数多くの道具の使い方からお客さんが求めるキャラになりきる演技力、責められる立場の気持ちを理解したうえでのプレイ進行、などが必要になります。

ですので、未経験から始める場合はまずM嬢役を経験してからS嬢役の女王様になるケースがほとんどです。
新人期間はまずM嬢役でSMの基本を学び、女王様になる為の勉強をして、お店から許可がおりてからようやく女王様のお仕事をすることができるようになります。

M嬢役として働く場合、基本的に受け身のプレイになります。
身体の負担は多少増えますが、その分演技力や技術はあまり必要ないという利点があります。

 

プレイ内容
お店によってSコースしかない店舗、Mコースしかない店舗、どちらもある店舗とあり、プレイ内容も本格的なSMプレイのできるお店から初心者でも働きやすいソフトSMと幅広くあります。

プレイの例として

縛り、手錠、ローソク(SM用の熱くないもの)、バラ鞭(叩かれても痛くないもの)、バイブ等のおもちゃ、聖水、、ペニバン、AF、浣腸、スカトロ、などなど色々なものがあります。

基本プレイはお店によって違いますが、ほとんどのお店がNGプレイを自分で決めることができます。

まとめ

一般的な風俗店より高収入を得ることができるメリットはありますが、その分覚えなければいけない技術が多かったり、お客さんに合わせる演技力が必須とも言えるので、そういったことが苦手な人には難しいかもしれません。

逆に、お客さんが求めるキャラや世界に入ることが得意だという人やSMそのものが好きという人にとってはとてもおススメの業種になります。

好きな人にとっては実益と趣味を兼ね備えた魅力的なお仕事かもしれませんね。

未知の世界SM・・・
一度経験してみてはどうでしょう。
今まで気づかなった新しい一面を発見できるかもしれませんよ。