昨今、お客さんは消費税が上がったり不況の影響で、以前より風俗で使えるお小遣いの額が減ってしまっています。

そのせいでお客さんは「当たりを引きたい」と思うよりも、「ハズレだけは引きたくない」と思う人が多くなっています。

そんな風俗事情の中で、お客さんから指名される為にはどうしたらいいのか・・・

今回は一つの方法である”顔出し”について解説していきたいと思います。

 

顔出しとは

一般的に言われる顔出しとは、お店のホームページの在籍写真にモザイク等を一切入れずに掲載することです。

他にも
・男性向け風俗情報誌にお店の看板娘として出演
・女性向け求人情報サイトに出演してお店の体験談を語る
・YouTubeなどの動画サイトでお店の宣伝として出演
・お店のホームページのプレイの再現動画に出演
などの事も顔出しと言ったりもします。

顔出しすることで稼ぎが数倍に!?

風俗のお仕事では、顔出しをできるかできないかで稼ぎに大きく関わってきます。

顔出しをすることのメリットとして・・・

「写真指名が増える」

お客さんが女の子を選ぶ時の一番の判断基準は写真です。
ほとんどのお客さんが写真を見て好みの女の子を選びます。その写真があまりにもモザイクが強すぎると、お客さんからすればギャンブルになってしまい選びにくくなってしまうのです。
逆にモザイクのない写真だと安心感があり指名されやすくなります。

また、情報サイトなどの広告媒体に掲載されれば、単純に注目度があがるので指名されやすくなるという利点もあります。

「お店から優遇される」
顔出しをできる女の子は少なく、お店にとって有りがたい存在です。
その為、通常よりもバックが上がったり、シフトや送迎などで優遇されることがあります。
出稼ぎの場合は保障が上がったりもします。

「マスコミ手当がもらえる」
お店のホームページの素材になったり、男性向け情報サイトにお店の看板娘として出演したりすることで、バックとは別にボーナスが貰えたりします。

顔出しのリスクって?

いくら稼ぎやすくなっても、「顔出ししたら知り合いにバレちゃうじゃん」と心配ですよね。

確かに顔出しをすれば、バレるリスクが上がるのは間違いありません。

働く場所と生活圏が近ければより見つかりやすくなってしまいます。

ただ、写真だけで知り合いに見つかる可能性は以外に低いとも言えます。

どうして?・・・

まず日本には約1万店以上とも言われるくらいの風俗店があります。その数ある風俗店や風俗嬢の写真の中から知り合いに気づかれることはあまり高くありません。

また、お店に掲載する写真は大抵の場合、専属のカメラマンが撮影し画像修整・加工を施します。
輪郭や目もとを少し変えるだけでも全く印象は変わりますし、ほくろやシミなど本人と特定されそうなものは消してしまうのでよりバレにくくなるのです。
お店によっては目元を変えて欲しいなどの要望を言えば、対応してくれるお店もあります。
※無修整で掲載するお店もあるので始めに確認することが大事です。

じゃあバレる原因ってなに!?

ではなんでバレるのか?・・・

身バレの一番の原因は”私生活の変化”です。

生活時間やお金の使い方が変わったりすることで周囲に疑惑を持たれ、仕事や生活を色々詮索され、つじつまが合わなくなってバレてしまうケースがほとんどです。

追い詰められ最終的に自分から言ってしまってる子が多いですね。

他にも、携帯を見られてバレてしまったり、友達に相談したら広まってしまったりなど原因もあります。

そして最近目立つのが写メ日記からバレてしまうケースです。
写メ日記は女の子自身が写真を撮りアップするものですが、顔を隠すことばかり気にして、背景や指輪、ネックレスなどそのままにしてしまう子が結構います。部屋の一部が映り込んでしまったり、いつも付けているアクセサリーから知り合いにバレてしまってることが多いようです。

ただ、”写メ日記”は風俗のお仕事で稼ぐ上でとても大切なツールです。
少しでも稼ぎたい人にとっては必須とも言えます。

細部まで気をつければバレるリスクも減りますので、写真を撮る場合は顔を隠す以外にも背景などまで気をつけましょう。

まとめ

顔出しすることでメリットがある一方、デメリットとして身バレのリスクが付いてきます。

絶対に周りにバレたくないのであれば、顔出しはおススメしません。

ただ指名が取れなくて悩んでいたり、少しでも稼ぎたいと思う方には顔出しは一つの方法だと思います。

いずれにしても自分でメリットとリスクをしっかり検討して決めましょう。