働く環境や心構えが整った方は、いざ面接です。

ここで面接に行く前の再確認をしてみましょう★


①持ち物
まずは持ち物です。
メモ帳・ペンは必須です。
身分証は必ず忘れずに持っていきましょう。
※年齢確認について警察の指導や監視が入りやすい業種ですし、18歳未満の未成年防止に関しては特に厳しくなっています。顔写真付きの身分証の他に、本籍地と家族構成が記載されている住民票の提出を求める店も多いです。

風ハロで面接行く際に、女性から身分証の提出が無い所がいいと言われた事がありました。
でも、よく考えて下さい。
警察の指導をしっかりと受け止めていないようなお店で働きたいですか?
身元が全く分からない女性と同じ職場で働きたいですか?

あなたの身を守る為にも、きちんと用意して面接に行きましょう★

②服装
次に服装です。
趣味もスタイルも違いますし普段どのような恰好をしているかは分かりません。普段は自由でいいと思います。
一般企業に面接行くわけではないので、スーツで行きましょうとは言いません。
一番求められているのは、清潔感のある女性らしい服装です。
それが一番印象のいい理想の面接時の服装となります。
ジーンズなどのパンツ系は同姓にもウケがよくカッコイイとは思いますが、似合うかどうかより面接官はお客さんの目線で考える事が多いので意識して行きましょう。

面接時の印象がいいと勤務条件がよくなる可能性も上がります★

③気持ち
最後に気持ちです。
お金が欲しい、時間を有効利用したい、など目的は様々だと思います。
最近の面接傾向を見ていて思いましたが、『働かせていただきたい』と考える女性が少ない気がします。
それより【働いてあげてもいい】くらいに思ってる人が多い気がします。
面接態度は接客態度にも出ると考える店が多いので、笑顔でマナーのいい気遣いが面接をするように心掛けましょう。
初めて面接に行く女性はかなり緊張していると思いますが、説明を受けた事は理解したものと解釈されますので
分からない事をそのままにせず、どんどん質問しましょう!

それが真面目に勤務できる女性だと考えてもらうプラスにもなります★

面接当日ですが、時間を守る・忘れ物をしない・笑顔で印象良く受け答えする!これだけは絶対に忘れない様にしましょう。

そして、面接時は必ず携帯をマナーモードにする事も忘れないようにして下さい。
最近特にスマホが普及しメモ機能もあるので、筆記用具を持たない女性が増えています。
面接は最大のアピールタイムにもなります。

働きやすい環境は自分次第で変わりますし、手に入れられるものです。
注意点は特に気を付けて面接頑張りましょう★