いよいよ梅雨の時期がやってきます。

雨や曇りの日が多くなるこの時期、風俗のお仕事は稼げるの?と思う人も多いかと思います。

今回はそんな天気の悪い日の風俗事情や稼ぎ方について書いていきたいと思います。

天気の悪い日、お店は暇?

そもそも風俗業界に関わらず、飲食店などのサービス業は天候に左右されやすいと言われています。
やはり雨や雪、強風など天候の悪い日は積極的に出掛けようという気分にはなりにくいですよね。

出掛ける人が減ってしまえば必然的に客足も減ってしまいます。

風俗の場合、店舗型やホテヘルなどの”お客さん自身がお店に出向くような業種”に影響が大きいです。
駅からお店が遠かったり、近くに駐車場がなかったり、お店の立地によっては閑古鳥がなくような状況なんてことも・・・

そのくらい風俗業界にとって特に「雨」は天敵なのです。

雨の方が稼げるデリヘル!?

ただ、業種によっては晴れの日よりも客足が伸びるなんてお店もあります。

その代表的な業種がデリヘル(デリバリーヘルス)です。
いわゆる派遣型のヘルス店で、お客さんの指定したホテルや自宅に出張しサービスを行うお店です。

お客さんからすると移動せずに女の子を呼ぶことができるので、雨が降っていたとしても関係ないのです。
むしろ雨だと、外出せず自宅にこもって暇な時間を持て余し、欲求やストレスは溜まる一方。
そんな時に、女性と一緒に過ごしたい、癒されたいという思いからデリヘルを利用する男性が増えるようです。

雨の日ならではのメリット!?

他にも雨の日だからこそのメリットもあります。

キャストが少ないからこそ稼げる!
雨だと出掛ける人が減りますが、それはお客さんだけでなく働いている女の子も同じです。
「雨だから出勤したくない、めんどくさい」といった理由で当欠するキャストが多いのです。
在籍キャストの出勤率が悪くなるため、稼ぎやすくなります。

雨で現場はストップ、その後風俗へ!?
雨の日は新規客を掴むチャンスとも言えます。
普段仕事で来れない人が、雨の影響で仕事が休みになり風俗へ来ることが多いからです。

例えば工事現場だと、出勤したはいいものの急な雨で仕事が中止になんてことはあるあるな出来事です。
「せっかく張り切って出勤したのに、これからどうしよう。」
急な休みは嬉しい反面、以外にすることが無かったりします。

雨降ってるしやることねえなぁ→なんかムラムラしてくるなぁ→風俗でも行くかぁ

こんな感じで風俗へ行く男性は以外に多かったりしますw

まとめ

雨などの天候による影響はありますが、働く側として方法次第でいつも以上に稼げる可能性があります。
雨の多い梅雨の時期だけデリヘルの出稼ぎに行ったりするのも効率的に稼ぐ方法の一つかもしれませんね。

影響を受けやすい店舗型やホテヘルでも、客足が落ちないお店もあります。
雨の日限定割りやサービスなど、雨の日対策を積極的に行い定着しているお店は客足が増えることもあります。

このように仕事の選び方、働き方、お店選びによって稼ぎは大きく変わってきます。
風ハロでは、”アナタに最もあったお仕事選び・お店選び”をお手伝いできますのでお気軽にご相談ください。